中卒から目指す理想の就職 | チャレンジ特集

*

中卒の就職活動の流れ

 中卒者が就職をして正社員を目指す時、超えなければならないハードルが山ほど待ち構えています。それをどう超えるかによって結果は大きく変わってくるでしょう。せめてどのようなハードルが待ち構えているのかを知っておかなければなりません。
 

就職活動の準備は自分と向き合うことから

 最初のハードルは、自分と向き合うこと。学歴がなく働いた経験もないとなると、自分と向き合うのに苦労しますし、目を背けたくなることもあるでしょう。しかし、これができていないと何も前へは進みません。就職するために必要な準備と捉え、現状を正確に把握するよう務めましょう。

【参考記事】
必ず立てなければならない就職活動の計画
何をどうやる?自己分析
目的があることで変化する就職活動
中卒の就職と電話への苦手意識
 

求人情報と同時に集めたいもの

 できるだけ興味を持ったり没頭できる会社や仕事を、求人情報を集めながら見極めなければなりません。すぐに辞めることがないようにするためです。求人情報を集めると同時に、企業のサイトなどにも目を通し、会社そのものの情報を集めることも怠ってはいけません。

【参考記事】
中卒にオススメの仕事探しの進め方
求人情報媒体の存在と選択
ブラック企業に入らないために知っておくべきこと

 

応募書類作成の前にしておきたいこと

 履歴書には基本的な書き方があります。これを少しでも間違えると、この書類審査というハードルは越えられないと思っておきましょう。使用するペンの種類、日本語の使い方、会社や学校の書き方などを勉強し、理解してから応募書類作成に取りかかってください。

【参考記事】
守るべき履歴書書き方を知っておこう
中卒者が悩むであろう自己PRについて
履歴書の学歴に悩むことはありません

 

面接官がチェックしているのはどこ?

 面接で中卒者が求められることは、仕事をどの程度、そしてどのように理解しているかです。加えて、コミュニケーション能力も面接の中でチェックされています。また、素直さも必要でしょう。変に知識をひけらかしたり自慢気な態度は逆効果と思われるため、誠実に企業や面接官と向き合うことを意識してください。

【参考記事】
知っておかなければならない面接マナーのこと
中卒者が聞かれることは何だと思いますか?
勉強し素直に伝えるのが志望動機
面接後のお礼状は出すもの?中卒の就職希望者は出した方がいいの?

 

入社までのスケジュールと必要なモノをチェック

 内定を貰えたら、すぐに入社までの準備を整えてください。初出社はいつなのかを確認し、それまでに用意しておかなければならないモノを並べ、余裕のあるスケジュールでそれらを準備しておきます。社会人として一歩を踏み出すため、気持ちの整理も入念に行っておきましょう。
 

【参考記事】
注意点を知らないと大変な途中入社
入社契約書のこと、知ってますか?
入社準備に欠かせない業界予習
中卒だから余計に心配?試用期間について正しく理解し、その心配を払拭しよう!
基本的なことだけど、就職後に注意しておかなければならないこと

公開日:
最終更新日:2016/01/18