中卒から目指す理想の就職 | チャレンジ特集

*

中卒だから余計に心配?試用期間について正しく理解し、その心配を払拭しよう!

      2016/01/18

わかりにくい試用期間を解説

 中卒であれば、就職に関するあらゆることの知識がなくてもしょうがありません。でも、そのまま就職活動をしてしまうと、人生を棒に振りかねないでしょう。それを避けるために、せめて試用期間に関しては知っておきたいところです。

 入社すると、多くの社員はしばらく試用期間の中で働くことになるでしょう。この期間を使って、会社や上司は、入社1年目の社員のことを知ろうとします。人としてちゃんとしているのか、どのくらいのポテンシャルを秘めているのか、コミュニケーションは取れるのかなどを確認するわけです。それが試用期間。

 試用期間が終わると本採用といって、本格的に採用されることになりますが、試用期間中も採用されている状態であることに変わりはありません。

中卒は試用期間のルールが厳しい?

 就職する人が試用期間に対して不安に思う点は、その期間中の、社員に対する企業の扱いにあるのではないでしょうか。中卒の人は、その不安がさらに大きくなっているかもしれません。

 中卒だから給料がものすごく安いのではないか、中卒だからすぐにクビになってしまうのではないかなど、他の入社1年目の社員と比べてルールが厳しいのではないかと不安になる気持ちはよくわかります。

 もしかしたら、大卒の人などと比べると試用期間が長かったり、給与が少し安かったりなどはあるかもしれません。でも、基本はみんな同じルールや基準であると思っておいていいでしょう。中卒だから他の人よりもクビになりやすい、これについては全くないことだけは確かです。

試用期間中に解雇になる人はどんな人?

 試用期間中でも簡単にはクビにならず、中卒でもそれは変わらない。と言われても、心配が完全に消えることはないでしょう。どのような人がクビに、つまり解雇されやすいのかというのは気になるところだと思いますが、それを知ることで、より解雇される可能性を小さくすることができるかもしれません。

 遅刻や欠勤が多い人はクビになりやすいです。それが無断であればなおさら。勤務中の態度が悪い。例えば先輩や上司にタメ口だったり逆らったりすれば、解雇を検討されてしまうでしょう。いくら教えても同じミスばかりするであるとか、仕事が全く上達しないなどもちょっと危険。入社前に言っていたことが嘘であったなどが入社後わかってしまっても、クビになる可能性が高いと考えられます。

【関連記事】
注意点を知らないと大変な途中入社
入社契約書のこと、知ってますか?
入社準備に欠かせない業界予習
基本的なことだけど、就職後に注意しておかなければならないこと

 - 入社の準備をする

  関連記事

基本的なことだけど、就職後に注意しておかなければならないこと

会話は常に相手の目を見て元気良く  何でもスタートが肝心です。ここでどのくらいベ …

内定を貰ってから初出勤までにしておきたい3つのこと

会社まで実際に出向いてみる  就職先が決まり、実際にどこまで出勤するのかが判明し …

注意点を知らないと大変な途中入社

全てを吸収する努力を  どのような形で入社するかわかりませんが、就職活動を始めた …

入社契約書のこと、知ってますか?

入社契約書とはどんな書類?  入社契約書の存在を知っているでしょうか。就職する先 …

入社準備に欠かせない業界予習

何をやればいい?業界予習の方法  「入社準備として、業界予習をしておくように」と …